シェアしていただけると嬉しいです

【物で支援】古タオル&使っていないタオルの寄付先5選

シェアしていただけると嬉しいです

タオルっていつまで使ってる?定期的に入れ替えてますか?年に3〜4回ほど、タオルの入れ替えタイミングがやってくる我が家。夏から秋に変わる頃にも毎年家中のバスタオルやフェイスタオルを一掃しています。

以前は捨てるのがもったいなくて、ついボロボロになるまで使ったり、ウエスとして床掃除に利用したり、大掃除用の雑巾としてとって置いたり、油料理の時のフライパンを拭くのに使ったりと様々再利用をしていましたが、結局結構な量が余ったまま保管されっぱなし。

けれど、ある時から古いタオルは寄付する!ときめてから今では必要な分だけ残して、思い切って断捨離できるようになりました。タオルがいつも綺麗だと、気分もスッキリ!

スポンサードリンク

古いタオル&使っていないタオルの寄付先

古いタオルでも、穴が空いていていない程度できれいにお洗濯してあるタオル類は、動物保護団体、愛護団体で寄付を受け付けていて、主に保護猫や保護犬などの寝床として活用されています。

ここ数年寄付している中で、せっかく寄付するなら怪しくないところへ、できるだけ有効利用してもらえるように寄付したいと思いいろいろと探しました。私が寄付しているおすすめ寄付先リストをご紹介します。

基準としては

  • 報告がこまめにされているところ
  • NPO法人
  • 譲渡条件がしっかりしている
  • 「今必要なもの」が更新されていて、古タオルを送っても大丈夫かどうかが確認できる

譲渡会や、譲渡の報告、保護の報告がされていて活動実態があることがまずは大事!

そして、個人での活動も立派だとは思うのですが、法人化されている方が継続的な活動の意思が見えるかなと思っています。単なる犬猫付きでたくさん保護して、多頭飼いして破綻する…そんな

また、送料が安くすめばその分寄付することもできると思い、できるだけ首都圏から近場を選んでいます。

NPO法人アルマ

活動開始年:2012

場所:東京都葛飾区

毎月譲渡会が開催されていて、卒業した犬猫の一覧があります。また、願い叶わず天国へ旅だった犬猫についてなどについても同様。

保護した1匹1匹を大切にしていることが

NPO法人ペット里親会

活動開始年:2001年(1992年から個人で開始)

場所:埼玉県ふじみの市

譲渡の条件が細かく厳しく明示されていて、

タオルの捨て時、潮時

スポンサードリンク

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると嬉しいです