シェアしていただけると嬉しいです

【子連れコタキナバル旅行】快適すぎたホテル・シャングリラタンジュンアル宿泊滞在記

シェアしていただけると嬉しいです

この門から先は楽園です

ボルネオ島のマレーシアコタキナバルに1歳と5歳の息子たちと家族4人で海外旅行に行ってきました。そのとき宿泊したホテルがシャングリラタンジュンアル!

5つ星のリゾートホテルで、これまで行ったホテルの中でもトップクラスの、子連れにとってものすごく快適なホテルでした。

最高だった7日間を振り返りつつご紹介します。コタキナバルのホテル選びに迷っている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

お部屋

すでにベッドに子どもがダイブしたので皺が・・・

ベッドは子供二人、大人二人でも十分広々寝れました。

寝心地良すぎて、シーツもスベスベで気持ちよくて寝るのが幸せだった〜。

お部屋に入るとすでにベビーカーを置いてくださってありました。

このベビーカー操作性も良くて、滞在中すごく重宝しました。もちろんタクシーにも折りたたんでのせられて、出かけるときはいつも持っていきました。

部屋からの景色って大切ですね

お部屋からの景色も最高。静かでした。

水上村が見えます。

横の丸ソファはオムツ替えや、ちゅっと荷物を置くのにも重宝!

ソファがあるとやっぱり落ち着きますね。

部屋でおやつ食べたり、くつろいだり。

めちゃくちゃ豪華な包装の月餅がありましたがお味はまぁまぁ笑

ウェルカムフルーツやお菓子も充実していました。フルーツは毎日補充してくれます。

フルーツ好きな私としては朝みんなより少し早く起きて、フルーツ食べて、お出かけから戻ってフルーツ食べて、とフルーツ三昧!

お水も毎日補充してくます。

これをペットボトルや水筒に入れて持ち歩いていました。

コタキナバルのimagoショッピングモールのダイソーでお手軽なボトルを入手できます。ちなみに、エビアンは有料。

金庫ももちろんありました

金庫もありました。

わたくし、バスローブにはちょっとうるさい、バスローブ好きです。でも満足のいく、軽くて肌触りのいいバスローブ。

プールから帰った後など特に重宝しました。

子どもができると、バスローブを着てロマンチックにお部屋でシャンパンを飲むなんてことはなく、お風呂から上がったあとやプールから帰ってきたあと、子どもの服を着せるまでの自分の身体を包む戦闘服みたいなもんです。

広々、お湯をためて入れます

写真撮り忘れましたが、ガラス張りのシャワールームもこの写真の手前にあります。

アメニティ

アメニティも充実!申し分ございません!

シャンプー石鹸は全てロクシタン。いい香り〜。

ドライヤーなども一通りあって、全く不便なかったです。

子ども用の歯ブラシもうれしいですね。ちゃんと二人分置いてくれてありました。

子ども用のアメニティセット。ほぼ使わず頂いてきました。

ベビー用のボディソープや、クリーム、パウダーも入っていて助かりました。下の子まるちゃんが、お尻が荒れたのでパウダーを使ったり、上の子が日焼けしたので、クリームを使ったり、嬉しい心遣いでした。

プール

プールに入りながら眺めるサンセットはロマンチックでした

昼間のプールも楽しいけれど、ナイトプールは日に焼けないし暑すぎないし空いてるし最高に快適!

昼はアクティビティもやってます。

プールでアクアビクスをやっていて、混ざって参加しちゃいました。アジア人が多い日は盛り上がらないし参加者もほとんどいないのですが、欧米系の人が多い日はすごい盛り上がり!参加者も多くて、クラブさながら、フォーフォー叫んでる人いっぱいでノリノリで楽しめちゃいました。

景色も最高!気持ちいい!

めちゃくちゃ深いから、あまり人が来ない

このまさに写真スポットは深さが2m以上あって、大人くらいしかいけません。

浮き輪は使用禁止のゾーン。

ライフジャケット着てても泳ぐのがあまり得意でない方は、途中まで来てもどっていきます。

プール、海、空がまさにつながっているかのようなインフィニティプール。

スライダーも3種類!監視員さんがちゃんとみてるので安心していられました。

15分くらいに一回ザブーン!!とひっくり返る大きなバケツ。

そのたびにキャーキャー騒ぐ!!大人にも子供にも大人気でした。

託児

託児ルームやこども関連の場所はニモ(カクレクマノミ)が目印

託児も素晴らしかったです!

5歳以上なので上の子だけでしたが、「今日も行きたい!」「〇〇先生いるかな?」とリクエストしてくるくらい。

時間ごとにいろいろなプログラムも用意されていて、ローカルの衣装を着てホテル内を歩いたり、ローカル文化のアクセサリー作り、他にもクッキングや、ゲームなどなど。

息子が行った数日間は、日本人の子どもおらず、先生でも日本語が少しだけわかる人が1名いたくらいでしたが、

子どもに言語は関係ないのかなー、違和感なく溶け込んでてて驚きました。

レストラン

ファミレス的なブュッフェタイプのレストランcafe TATOOと、中華料理のレストラン。

中華料理のほうはいつ行っても満席で入れずじまい。

caf TATOOは初日の夜に行きました。

ちょっと割高なレストランという印象。でも、食べ盛りのお子さんや、たくさん食べたい人にはメニューも豊富だし毎日メニューが変わるしとっても良さそう!

スタッフも親切で、アレルギーの息子のために特別にアレルギーフリーで調理してくれたり、大丈夫な食べ物を探してくれたり、さすが5つ星ホテル!

レストラン内にキッズスペースがあるので、子どもを先に食べさせて、親はゆっくりコーヒー飲んで見守る、みたいなこともできていい空間でした。

朝食

我が家はほぼ毎日ラウンジで食事しました。

パンもサラダもおかずも豊富です!

こじんまりした空間ですが、スタッフのきめ細やかな心遣いも心地よいし、なによりアレルギーっ子まるちゃんの食事に対応してくださって本当に助かりました。

1日だけレストランcafe TATOOにも。ラウンジよりも種類が多くて、いろいろ食べたい人には向いてそう。

夕食

ラウンジで夕方から軽食が食べれるので、それを利用しました。

毎日だいたいおでかけしたり、プール行ったりするとおやつを食べちゃって、なかなか夕ご飯ガッツリ食べたいということもなくて。

ラウンジの軽食で充分夕食になっちゃいました。

あとは、街に出かけた時にテイクアウトしたものを部屋で食べたり、スーパーで買ったものを部屋で食べたり。

先ほども書いた通り初日だけcafe TATOOで夕ご飯を食べましたが、マレーシアは美味しい食べ物がいっぱい!日々、食事が楽しかったです。

アクティビティ

このホテルの特徴の一つでもある、アクティビティ。

アクティビティボードに一週間分ほどの内容が掲示されているので、チェック!ホームページにも載ってます。

滞在中の楽しそうなアクティビティをチェック!

そして暇があればアクティビティに参加!

このアクティビティのお陰で、子どもも大人も暇になることなんて全くありませんでした。

プールでのアクアビクスみたいに、気づいたら横で開催されてるアクティビティもあったりして、とってもオープンな雰囲気。

もっと参加したかったくらい。

子どもが参加したアクティビティが、ローカルカルチャーを知れる、みたいなタイトルだったので預けて出かけてしまったら、すごく楽しかったらしく、しかも写真撮りにみんな集まっていたようで、後悔。

内容が、金曜の夜にたいまつを持って、民族衣装を着てホテル内を練り歩くものだったのですが、まさかそんなものとは知らず、、、。

ホテル内のお客さんたちからもたくさん拍手をもらい、ちょっとスター気分まで味わって、迎えに行った時には気分上々のゆるちゃん。

痛恨の極み!惜しいことしたー!

まとめ

以上、コタキナバルのホテル、シャングリラタンジュンアルに子連れで宿泊する人にとってのおすすめポイントは

  • 楽しさとロマンチックさが共存したプール
  • スタッフの心遣い
  • 楽しい託児
  • 大人も子どもも楽しめるアクティビティ!
  • 親子4人で充分くつろげた快適なお部屋

です。

もう一度行きたい・・・いや一度と言わず何回も行きたくなる、帰りたくなる素敵なホテルでした。

スポンサードリンク

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると嬉しいです