シェアしていただけると嬉しいです

【妊娠中】産休から出産前までにしておくべき11のコト。穏やかな産後のために。

シェアしていただけると嬉しいです

37wの時のお腹!パンパンです!

37wの時のお腹!パンパンです!

出産もだんだん近づいてきて、アレコレやることが次から次へと浮かびます!私自身の備忘録も兼ねて、出産までにやるべきこと、やっておいた方がいいことを1人目の時の経験も踏まえて書いておきます。

産休に入る前からできることもあるけど、産休にはいって時間ができたら一気にやりたいこと、時間がしっかりとれるからこそやっておきたいことなど、産後の穏やかな生活のために準備できることはしておくのがおすすめです。

スポンサードリンク

産後出歩けない期間の自分のために今やるべきこと

いつもならできていたことが、できなくなる産後。ルーティンを先取りしてやっておけると安心です!

1,美容室で髪をカット、ヘアカラー

出産後数ヶ月は、とにかくほんの数時間だけど出かけることがなかなか難しくなります。

パパや家族親戚のフォローなどにもよるけど、授乳がある場合などは特に三時間以上赤ちゃんと離れるというのが結構難しい!

だけどお見舞いや、お祝い、赤ちゃんのお披露目など人に会うことは意外と増えるんですよね。

だから、産まれる前に数ヶ月美容室へ行けなくなることを想定してカットやカラーしておくのは必須かも。

今回だちこは産後を考えて8年ぶりにパーマかけました╰(*´︶`*)╯

髪型変わると気分も上がりますね!

2,コンタクトレンズ補充

コンタクトレンズ使用してる人は今のうちに眼科に行っておくのがオススメ!

里帰りを予定している人や出産後すぐに復帰を考えている人はもちろん、産後はお出かけしづらくなるので眼科の検査だけでも受診しておけば、安心。

万が一コンタクトレンズをきらせてしまっても視力がわかっていれば、処方箋なしでも買えるコンタクトレンズの通販サイトで安く購入できます。

産後は視力が落ちる人も多いので、無理して使用期間より長く古いコンタクトレンズを使用したり、合わないメガネを使うのは禁物です!
処方箋なしでコンタクトを買っても、落ち着いてきたら受診もわすれずに。

3,衣替え

季節の変わり目に出産になる人は、衣替えも、今のうちに。

出産後入院して帰宅したらガラリと季節が変わっていて着るものがない!?

なんてことがないように…予定日の1ヶ月後くらいの季節を想像してクローゼットを少しずつ整理しておくと安心ですよー。

事務的なこと

妊娠出産に際して事務的に必要なことって結構あります。

母子手帳をもらったり、出生届を出す!児童手当の申請!というのはもちろんですが、忘れがちなことを書き出したいと思います。

4,確定申告準備 医療費控除に備えて

  • 年末年始や確定申告時期の2,3月に出産の人は特に!
  • 個人事業主などで働いている人
  • 二カ所以上から給与をもらっていた人
  • 不妊治療していた人
  • 当たり前ですが妊娠・出産した人も

忘れちゃいけないのが確定申告の準備。

もちろん、春出産や夏出産の人も妊娠期間は10ヶ月あるので、必要になるので、少しずつ妊娠中からまとめておくとあとが楽。

妊娠出産は結構お金がかかる!そして、医療費控除の対象となる費用も多く、交通費はもちろん、薬代なども少しずつまとめておくといいと思います。

産まれてから、細かい数字の作業って結構辛いですから。

領収書を月別にまとめて封筒に入れておくだけでも!

書類の作成については国税庁HPから詳しくご覧いただけます。

5,扶養の手続き

この記事でも書きましたが、私は産休まで国民健康保険でした。でもこの先産休育休を取得することを考えると、年間の収入が130万円を割ることが予想できるので、一時的に旦那さんの会社の健康保険組合に扶養で加入することにしました。

妊娠や出産を機に会社を退職した人や、国民健康保険の人は、場合によっては旦那さんの扶養に入る方が出費を抑えられることもあります。要チェックです!

6,ふるさと納税

ちょっとでも節約節税!

というわけでは我が家はふるさと納税も検討しています。

7,保活

産まれる前だというのに!?保活!?

はい、悲しいかな待機児童がいる地域では、保活は子どもがお腹にいる頃から始まっちゃうんです。

絶対仕事に復帰したい人とか、0歳で預けようと考えた場合、そして、秋生まれ以降の場合産まれる前から、

保育園見学、書類を揃えて、申請に備える…

いざ出産したら出産後でないと揃えられない書類や記入だけをして、行政に提出…という流れです。

おおよそ10月から12月に1次募集の受付期間が設けられている自治体が多い為、その時期に産後すぐを迎える人や、出産が重なる人は早めに準備しておきましょう。

保育園選びはこちらもご覧ください。

産まれてくる我が子のために

全部が全部生まれてくるこどものためではあるものの、まだ顔も見ない赤ちゃんを想像しながらこなす、ちょっと楽しい準備も!

8,子供用衣類の用意

我が家は2人とも秋冬生まれだったので、

  • 長肌着10枚
  • カバーオール7枚くらい
  • 靴下3足
  • おくるみ1枚
  • チョッキ2枚

ほど準備しました。

下着は1日に2.3回着替えることもあるので、多めです。

毎日か2日に一度お洗濯できるようであれば、これだけあればひとまず十分足ります。
あとはちょこちょこ季節に合わせながら、成長にあわせながら、買い足して行ければいい。

いざ足りなければ、Amazonプライム会員なら当日もしくは翌日には送料無料で届くので大丈夫!

9,部屋づくり

赤ちゃんがやってくるために、お部屋の準備は必須。

といっても、だちこ的に大切だと思うのは

  • 掃除
  • レイアウト
  • 気になっていた部分の片付け

の2つ。

お掃除

赤ちゃんって、本当に繊細。

いくらしばらくの間免疫があるとはいえ、お部屋をきれいに衛生的にしておくことはしておきたいものです。

我が家はずっと気にかかっていた寝室のエアコンの洗浄をしました。

冬生まれなのでエアコンは必須。なんとなく最近、匂いが気になっていました。使い始めて6年、自分でほこりなどをとるメンテナンスはしていましたが、洗浄はしたことなかったのです。

そのときのことはこちら。

私自身もハウスダストアレルギーもあるので、洗浄してもらったらなんだかすっきり!

これから迎える赤ちゃんにも、子どもにも、産後体が敏感になる自分のためにも!です。

レイアウト

特に寝室。

赤ちゃんがやってきたらどうやって寝るのか、レイアウト変更や、ベビーベッドや赤ちゃん布団の用意など必要ですよね。

  • ママが夜中の授乳の時にできるだけストレスなくできるように赤ちゃんの近くに寝れるように配置
  • 隙間風やエアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないように
  • パパはどこに寝るのか問題(我が家は一緒の部屋です!やっぱり夜中の大変さも少しは共有しないと!?)

などレイアウトを考えて準備しておきましょー。

気になっていた部分の片付け

img_4015
「巣作り本能」とでもいいましょうか…

出産が近づいてあれこれ断捨離したくなったり、片付けたくなったり、整頓したくなったり…

本能的なことのようです。

自分たち夫婦や家族のために

物理的な準備はもちろん、上の子や、夫婦での心の準備も大事ですよね。

特に第二子の時には、上の子が赤ちゃん返りなどの反応を見せる時もあります。
我が家のゆるちゃんも、このところなんだか様子が変。

家族が増えることへの理解や、ママやパパを赤ちゃんに取られてしまうのでは!?という不安など、これまでとは違った環境へ適応するためにも、生まれる前にたくさんスキンシップをとったり、愛情を伝えたり、そんなケアも必要だと感じました。

旦那さんも、やっぱり「生まれてくるまで赤ちゃんの実感わかない」というのが本音とのこと。胎動感じたり、お腹が大きくなったり、直接体に影響が出る女性とは違って、男性が実感するのって難しい。

生まれても実感わかないという人もいますし!

そんな家族みんなが新しい環境に立ち向かう前の今だからこそ、赤ちゃんが産まれるまでに我が家も、いつも以上に一緒に濃い時間を過ごしてみました。

10,旅行

マタニティでの旅、略してマタタビって呼ばれているそうですが、無理のない範囲で楽しめるお出かけは気分転換にもなるし、家族との時間を濃密に過ごせていいですよね。

産後はしばらくお出かけが難しくて、首がすわるまでは移動も慎重になります。旅行も半年くらいは難しいので、今のうちに!

我が家もマタタビ!しました。一人目妊娠中の時には、夫婦二人だったので沖縄へ行きましたが、今回は近場でゆったりと家族3人でのラストトリップ!

img_3139

メインは軽井沢で、本当にゆっくり、予定もあまり詰めることなく過ごしました。

その時の様子はまたブログに書きたいと思います。

11,神頼み

img_4037

最後はこれに限ります(笑)

家族みんなで神社やお寺などなど、近所の氏神様などもいいと思います。みんなでお願いすればきっと安産!

私も旦那さんと一緒に神頼みしてきました!

どうかどうか、安産で、赤ちゃんが元気にうまれますように!

img_4039

七福神巡りなども、ゆったりお散歩しながらいいですよ〜。

まとめ

いろいろと書き出しましたが、まずは体に無理のない範囲で!

重たいものを無理して持ったり、疲れても動き続けたりせず、休み休みやりましょー

そして一人でやろうとしたら本当に大変!

その後の育児も1人じゃ本当に大変!

私自身は、旦那さんの協力の偉大さを思い知りましたが、みなさまも、家族にできるだけ手伝ってもらいつつ、準備の段階から周りに協力してもらいながらやれるといいような気がしますよー。

以上、やることリスト!

ほぼ私の備忘録ですし、やりきれるのか!?と思ってますが、参考にしていただけたら嬉しいです。
読んでいただきありがとうございました。