シェアしていただけると嬉しいです

【助産院での出産費用はいくら?】実際妊婦検診〜出産までかかった費用と内訳

シェアしていただけると嬉しいです


東京の病院での出産費用は高い!友達との出産話となるとよくその話題が出ますが、助産院で出産したこと友達に話すと、

「助産院って高かったんじゃないの?」

という人もいれば、逆に「安いらしいよねー」という人もいて、やっぱり助産院で出産するって結構マイノリティなんだなぁと実感します。

そんなわけで、一般的に(?)ベールに包まれた助産院での出産を終えて、いくら費用がかかったのかを明らかにします。

尚、23区内の助産院での、出産費用です。場所によって多少金額も変わって来ると思いますのであくまで参考としてください。

スポンサードリンク

助産院での出産費用合計と内訳

合計565,100 かかりました。

出産育児一時金の420,000円と差し引きして

自腹分合計は145,100でした。

それでは、内訳を記載します。

分娩料金  264,000
モニター使用料 3,000
胎盤処置料 3,100
参加医療保障制度掛金 16,000
入院費(6日分) 132,000
衛生材料費 18,000
新生児管理料(6日分) 60,000
産褥処置料(6日分) 60,000
先天性代謝異常検査採血料 3,000
赤ちゃんおむつ・下着(6日分) 6,000

尚、今回は日曜昼間に入院&分娩でしたので、休日料金がかかっています。
深夜ではなかったので深夜料金はかかっていません。
また、私と赤ちゃんにかかった費用ではないのですが、出産当日と入院中に夫と長男ゆるちゃんが2泊したので、5000円ほど別途かかりました。

通常は、深夜・土曜日曜祝日に分娩がかかったり、入院から8時間以上分娩に罹った場合は時間単位で料金が発生したり、また救急車で搬送となった場合は付き添い料金が数万円かかったりします。

出産までにかかった検診費用

出産までには上記以外にも検診の費用がかかています。助産院での出産とはいえ、助産院と病院で週数によって検診を受けるので、その費用がかかります。

今回の妊娠で母子手帳をもらってから助産院に10回、病院に5回、全部で15回検診に行きました。

この検診については私の住んでいるところでは、14回まで5,160円を上限として、助成チケットがもらえます。本当にありがたい!

助産院での検診は一回おおよそ5,200円なので、自腹分は少額。病院ではその時によりますが、チケット分の5160円を超えることがほとんどでした。

尚、病院ではチケットを出すとその場で差額分のみの支払いとなりますが、助産院ではいったん立て替えです。あとからまとめて残りのチケットと領収書を持って区役所に申請に行き(里帰り出産後などと同じ申請)、後日振り込まれてきました。

結果、自腹分の合計金額だけを書きます。

助産院が6,400円、病院が53,910円で

合計60,310

母子手帳をもらうまでにも2回ほど病院に行っていますが、その分は抜いています。

妊娠出産はお金がかかる

出産費用と、出産までの検診費用、自腹分の合計は205,410円でした。

ちなみに、出産育児一時金の42万円や、妊婦検診助成がなかったら、697,650円!

以上病院と助産院に支払った費用を公開しましたが、上記以外にも薬代など薬局で支払った費用や、鍼灸治療や整体などの費用も別でかかっています。

健康で過ごすことが節約になる

実は一人目の妊娠出産の時の方が費用がかかっていました。

母子手帳を見直してみたところ、一人目のゆるちゃんの時には母子手帳の検診欄の記録が19回あり、今回よりも4回多かったのです。お腹が張ったり、体調不良などで心配な時などの受診など今回よりも多くかかっていました。(ざっくり検診料金4回分と考えても2万円強かかります)

つわり時期や仕事が忙しい時など、月に一回くらい整体や鍼灸に行っていたので、ずいぶん今回よりも費用がかかっていたと思います。

前回と今回の違いとしては、とにかく自分の体第一優先で過ごしました。

上の子がいたのでなかなか一緒にいる時に寝転んで休むというのも難しいし、仕事をしているので仕事を休むのも難しかったのですが、上の子と一緒に21時半過ぎには寝て朝早く起きる生活にシフトチェンジし、

  • やらなくていいことはやらない
  • ものを減らす(探したり迷う時間を減らす)
  • やることを減らす(予定を詰め過ぎない)

ようにしました。

常に自分の体の声に耳を傾けて、

  • 早寝早起き
  • サプリメントや食事などで体にいいものや栄養をしっかり摂ること!
  • 便秘にならないように出すべきものは出す!そのための食事
  • お腹が張ったら休む、無理しない
  • 適度な運動

きっとこれが良かったのだと思います。

結果、助産院について1時間足らずの安産でした。

とにかく妊娠中も睡眠が大事

つわりの時期でも、妊娠後期のお腹が大きくなってきた時期でも、妊娠中はとにかくしっかり睡眠と栄養を摂ることが大切。

お腹が大きくなってくると、毎晩こむらがえりで目が覚めたり、手だけじゃなく手もこわばったり、攣ってよく眠れなかったり。

血流が悪くなることも一因のようですが、私は妊娠の後期は、iHerbのサプリメントRainbow Lightとあわせて妊婦さんの多くが経験する「こむら返り」を解消するサプリメントでカルシウムとマグネシウムをしっかり摂取することで夜中のこむらがえりはほぼなくなり、まぶたのピクピクなどの疲れた時に出る症状もかなり軽減され、夜もしっかり眠れました。

特に、出産まであと少しの妊婦さんは、来たるべき赤ちゃんとの対面の瞬間がいつ来ても大丈夫なように、体力を蓄え、睡眠をしっかりとっておくべきです。

葉酸摂取はもちろん大切。「こころからだあんしん葉酸サプリメント」は葉酸も摂取できて、妊娠中大切なカルシウムとマグネシウムがしっかり含まれているのでオススメです。

健康に快適に過ごして安産となる体づくりに励むことが一番の節約であり、赤ちゃんのためにも自分のためにもなりますね。

まとめ

本当に、妊娠出産はお金がかかります。

マタニティ服や骨盤ベルトなど必要になってくるものもあるので、できるだけ節約したい!

妊娠中、食事や栄養は本当に大切だから削れません。

体が快適に過ごせる衣服や下着も少なくていいから必要!節約できるところが少ないのです。

ましてや妊娠してから収入を増やす(仕事を増やすなど)というのは、体の負担を考えるとかなり難しい!貯金を切り崩しての妊娠生活、節約はとにかく健康に過ごすことだと思います!

もちろん、体調に不安がある時は病院や助産院をしっかり受診することは必要だし、出産後生まれてくる赤ちゃんとの生活を快適にするためにもお金は必要。

無理せず健康に過ごすことが遠回りなようでいて一番近い節約の道だと思いました。

妊娠中私が飲んでいたiHerbのサプリメントRainbow Lightについてはこちら。

スポンサードリンク

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると嬉しいです