シェアしていただけると嬉しいです

《一日一捨》大手都市銀行口座を断捨離して家計を貯蓄モードに!

シェアしていただけると嬉しいです

最近断捨離してスッキリしたもの、大手都市銀行の銀行口座2つです。

2つの都市銀行のキャッシュカードや通帳

以前こちらの記事でも書いたとおり、

1日ひとつ断捨離かお掃除しようと心に留めているのですが、今回断捨離した大手都市銀行の口座についてはなんだかとってもスッキリした気分になりました。

スポンサードリンク

なぜ都市銀行口座を断捨離したのか

大手の都市銀行といえば信頼もあるし、たぶん日本に住んでいる人ならほとんどの人が、どこかの都市銀行の口座をもってて、キャッシュカードを1枚はお財布に入ってるんじゃないか!?と思うのですが、

現に、友達とかと出かけたりして「ちょっとお金おろしにいきたい」なんていわれる時はたいがい都市銀行のATM探してる気がするのです。

でも、解約しました。

バイバイ!大手の都市銀行!

理由1 都市銀行口座持っててもお金が貯まらない?

実は最近読んだ菅井敏之氏の「お金が貯まるのは、どっち!?」の本に書いてあったことがきっかけになりました。

この本、断捨離とは関係の無い本なのですが、断捨離とお金の管理って密接だなと感じさせられたのです。

著書の中に

  • 将来お金を借りる予定の銀行で積み立てること
  • 「コツコツ貯めて信用を得る」という方法は、実はメガバンクではあまり効果がありません。

とあり、私のライフスタイルに都市銀行は必要ないとわかりました。

私の今のメインバンクはネット銀行。給与もネット銀行にふりこまれます。

夫婦で使っている銀行は地方の信用金庫。

この本からすると、正解だったのです!

だから貯めるぞ!と決意して、お金が貯まらない都市銀行、メガバンクは解約。

(著書の中では、信用金庫とメガバンクを1つずつ持つようにとありますが、メガバンクを持つ理由が、ネットバンクでも満たされると判断しました)

今回解約したのは写真の銀行の口座ではないですが…

理由2 この二つの口座にいい思い入れがなかった

口座を使っていないからといって解約しに行く!というのはなかなか腰が重いもので、断捨離的には即実行すべきなのかもしれませんが、ついつい残ってしまっているもの。

他にも、今回解約したもの以外でもメインとして使用していない口座や、眠っている口座は残ってしまっています。

ただ!

今回のこの口座は、どちらも以前転職した際に会社指定の口座として給与振込口座として、開設した銀行口座2つ。

ひとつはいきなり解雇された会社のときのものだしw

もうひとつは給与遅配が激しくて辞めた会社の時の口座だし^_^;

スッパリキッパリ解約したら、サッパリできるかも!と思いまして。

片付けねで有名なこんまりさんも言ってます、「ときめくものだけ残す」って。

ときめかないものはさっさと捨てることでいいことありそう!

そして、それらの口座はそれぞれWEBでのログイン用のパスワードやIDがあり、それを管理したり記憶したりしている頭の中の記憶のスペースも、スッキリ切り離して断捨離できてしまうから、頭の中もちょっとスッキリ。

口座の開設は簡単、解約は手間

なんでも言えることかもしれないですが、手に入りやすいものに限って、処理や処分は大変だったりする。

セールで安く売っていた服に限ってあまり着てなくて、新しいままで、捨てるのも惜しくて悩んだり、

あまり考えず、便利そう!と思って安さ重視で買った家電や家具は、すぐ飽きたり壊れて粗大ゴミとしてお金がかかったり。

銀行口座も同じ。

職場まで銀行員さんがきてくれて、その場で書いて渡すだけで5分ほどで完了して口座ができる手軽さだったけど、

解約のためには銀行まで行って、受付番号を取り、順番を待ち、手続きして、スムーズに進んで20分ほど(今日はラッキーなことに、実際順番待ちは2名ほどでほとんどなかったけどそれでも30分くらいはかかりました)。

それでもこれで少し頭の中の記憶しておく部分も軽くなったし、過去のなんだか、もやっとした想いや、しかもお金がらみのモヤモヤをスッキリ断捨離できて私としては断捨離成功です!

本当に必要なもの、本当に欲しいもの、大切にしたいものに囲まれて生活したいものです。

使っていない口座のお金はどうなる?

銀行によって5年もしくは10年使用していない、取引がない場合、休眠口座となります。

この口座の残高は銀行の収入になるそうですが、権利は所有者に残っているので、もし残高があれば解約の際払い戻すことができます。

今回私も、わずかですが残高があって、解約したことで小銭などの端数も含めて払い戻しできました。

忘れていたお金が入ってくるって、少額だとしても嬉しいですねー。

微妙に利子なんかも入ってたりすると、得した気分w

それに。1円であっても、お金を大切にするという意味で、ろくに把握していない不要な口座にお金を置いておくのって、お金を粗末にしているようなもんですよね。

お金を粗末にする人には、お金はやってこないって言いますがらまさに、そんな悪循環も断捨離して、改めて1円も大切にていねいに暮らす流れに方向転換できるきっかけになるはず。

使っていない口座を解約したら金運アップ!?口座見直しでお金が貯まる銀行に

自分の持っている銀行口座を整理するタイミングは、同時に

「この銀行口座をメインに使ってていいんだっけ?」

「お金ちゃんと貯められてる?」

「今の口座、使いやすい?メリットとデメリットは?」

と、見直すいいタイミング。

私自身も見直しました。

で、やっぱりいま使っている口座は、ばっちり自分にマッチしてるわ!と、自信持ちましたw

私の銀行口座の使い方としての希望は

  • インターネットで振り込みなどできること
  • 月に1回は振り込みを必ずするので手数料無料になること
  • できれば貯める分は少しでも金利がいいこと
  • ATMの引き出し手数料がかからないこと

我が家は夫婦で一つの口座にお互い入金してそこから光熱費や家のローン、宅配食材の費用、子供の保険などが引き落とされるようになっています。なので、月一回は振込みが発生するのです。

また、貯金はそんなにないけど、少ない金額でも行く行く長く使っていくことを考えると少しでも金利のいいところで貯めたい!

そしてもちろん、ATMでの引き落とし手数料ができるだけかからない口座、土日もおろせる口座でないと、もったいない。

そんなおおよそ満たしてくれる口座を活用できています!

メインバンクとしても使えるオススメのお金が貯まる銀行

私が実際持っていて使っている銀行でオススメの組み合わせをご紹介します!

この組み合わせ、確実にお金が貯まります!

楽天銀行 ついついお金を引き出して使ってしまう人にオススメ

わたくしだちこ、お金を貯めるのが正直下手です。

今月足りないなぁ〜と思うと、ついつい引き出してしまい、給与天引きもないので、貯まっていかない…そんな悪循環でした。

そこで楽天銀行を週3勤務の仕事の給与振込み口座にしています。(給与振込み口座にすることで ひと月3回 振込み手数料が無料になります 2016/09現在)

使い方は

  • 給与振込み口座に指定し、毎月決まった金額を夫婦の口座(地元の信用金庫)と自分の生活費などを別口座(新生銀行)へ2箇所へ送金。
    もし、特別に何か振込みをしないといけない場合などは残りの1回を活用。ちなみに、自動振込みも出来るので、設定しておけば、勝手に一定額を決まった日に振り込んでくれます。
  • 残りの金額を貯金にする。その際、一定金額になったら円の定期預金や、外貨の預金など状況に合わせて貯蓄していける。

という方法。なので、私はあえてキャッシュカードを作っていません。キャッシュカードがあるとついつい引き出してしまうから。

メリットは

  • 給与振込み口座にすることで振込み手数料が3回になる!
  • キャッシュカードを持たずとも取引ができる
  • 円定期や外貨などキャンペーンなどもあり金利も比較的いい

なので、ついつい引き出してしまう人、毎月決まった振込みがある人に絶対オススメの銀行。
楽天銀行 カンタン申込はこちらから。



新生銀行 ATM手数料を節約できて海外でも使える

楽天銀行からの送金先の一つはここ、新生銀行です。

生活費なので、

  • ATM手数料が極力かからないこと
  • そして、ATMが身近にあること

がとっても私にとっては重要。新生銀行は定型の銀行(郵貯や都市銀などなど)やコンビニATMの手数料も無料(くわしくは新生銀行HPの利用可能な取引とATM手数料一覧)。

し・か・も!

そんなにしょっちゅう海外に行くわけではありませんが、海外のplusマークのあるATMでも使えて、手数料もそんなにかからず、日本の口座から現地通貨で引き落としできるので、海外への頻度がそんなにないからこそ便利。

オーストラリアに行った時や、カナダに居た時に使用していました。

まとめ

今回断捨離してわかったのは、やっぱり私のような何億も資産があるわけではない庶民には都市銀行よりも、使い勝手がいいネットバンクや、地方の信金や銀行。

そして、お金にはやっぱり運とか、パワー的なことがあるような気がする。

だからこそ、なんとなく使っている銀行口座じゃなくて、自ら選んだ銀行で運用するのがいいんだと思う!

今回紹介した楽天銀行と新生銀行の他にも銀行口座で、メインに近い状態で使用しているものはあります。

でも、それはどれも持っている理由がはっきりしているもの(会社の経費入金用や、副業用)など、心の重みにならない口座。

なんか、金欠続きだなとか、お金の回りが良くないなとか、貯めたいのに貯まらないとか、気づくと貯金が減ってる、そんな時には、不要な銀行口座の解約と見直し!ぜひやってみてください。

金運あがりますよー

スポンサードリンク

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると嬉しいです