シェアしていただけると嬉しいです

元スキーインストラクターが教える!赤ちゃん子どもと一緒に行く《長野県おすすめスキー場ベスト3》1歳から託児可能なゲレンデ

シェアしていただけると嬉しいです

th_IMG_0021

結婚前から雪山大好きな私たち夫婦。毎シーズン毎週末というほど雪山に行き尽くした私たちは、子持ちになってもやっぱり雪山大好きで、子供が生まれてからも一緒に雪山に行き続けて早数年。

結婚したり、子供ができたからスキー・スノボは諦めるしかない〜なんて、もったいないなぁと思う。

雪国出身、元スキーインストラクターの私だちこが実際に息子と行ってみた中でも、子連れで行くなら長野県のスキー場はおすすめ。!
託児の年齢も新潟方面などは2歳や3歳からが多い中、1歳から可能なところもたくさんあります

口コミを頼りに、いろいろ行った中でも、託児を利用することもでき、子どもとゆったり過ごすこともできる子連れにおすすめのスキー場ベスト3を、

「託児」「子どものスペース」を中心にご紹介します!

まだ滑れない子どもを連れて雪山にいったら、楽しむコツがあるのです!楽しめるゲレンデはここだ〜!

スポンサードリンク

「斑尾高原スキー場」子連れスキーヤースノーボーダーのリゾート地!がっつり滑って夜も楽しみたい人向け

斑尾には毎年数回は泊まりで行く我が家。

居心地よいペンションもたくさんあるし、外食するにもオシャレで美味しいお店がいっぱい!

夏ももちろんだけど、冬もしっかりリゾート地の雰囲気を感じれるスキー場です。

ゲレンデのコースは非圧雪も多いし、

パークもある、

広い整地パーンもあるし、

コブ斜もあるし、

ツリーランもできる充実ぶり

天然の地形を感じながらの遊べるスポットもたくさんあって、手作り(?)の木のジャンプ台は結構勇気がいるし、オーディエンスも盛り上がって見てるだけでも面白い場所。

遊べて景色もよく、雪山を堪能できるゲレンデ!

天気がいいと一番高いところからは日本海も見えちゃうくらい。新雪の時なんかもぅ最高に面白いゲレンデ。

ちなみに、スノーモービルやスノーラフティングもできるらしいです。

斑尾高原が子供連れにとっておすすめな理由

  • 無料休憩所とキッズルームが充実
  • ゲレンデレストランにも靴を脱げるスペースあり
  • スキー&スノボデビューしやすいゲレンデ
  • 託児室がゲレンデ横
  • 子ども半額DAYがある!
  • レッスンが3歳から。しかもお得。

靴を脱いで寝かせれて、暖かいところで休めること!

子連れで行った時に、必須なのは

子供も大人もほっと一息つける休憩所。

靴を脱いで、ウェアを脱いだり、オムツを変えられたり、

寝てしまった子供を横にさせてあげられる場所

なのです。

斑尾高原は無料休憩所がゲレンデ入り口にあります。
遊具もあり、暖房もきいているのでもし吹雪になって冷えても温まって休むことができ、スタッフの方が扉のすぐ向こうにいるというのも安心ポイントのひとつ!

暖房が暑すぎるとか、寒いよ〜という時もすぐに声をかけることができます。
ちなみに、スッタッフの人たちが子どもに優しくて、お部屋の清潔感もあり、ありがたいなーと思いながらいつも使わせてもらってます。

他にもレストハウス「ハイジ」の中に、靴を脱いで休めるところもあるのはありがたいですね〜。

キッズスキースクール

3歳から入れるスキースクールは1日4時間で6000円!(毎月第3日曜日は、キッズスキーレッスン半額)
年齢などだけでなく、しっかりとレベル別でレッスンしてくれるので、安心です。
外から見ていても、準備体操からなにやらとっても楽しそう!半日コースもあります。1日でも託児と1000円違いなのでだったら、上手になってくれたら嬉しいな〜と、チャレンジするのありですよね。

スキーブーツも15cmからレンタルありましたよ!

我が家の息子のスキースクールデビューの時のこと

託児

料金も良心的で、1歳からなのがありがたいですね。
ちなみに、ゲレンデ横のホテル内にあります。利用したことがありますが、ホテルやスキー場で働く人のお子さんとかも預かっていたりするのか、とってもアットホームな雰囲気で、慣れた様子のママ世代な保育士さん(?)たちで安心してお願いできました。息子をお迎えに行った時も楽しかったようで「またね〜」と言って帰ったくらい。

託児施設「積み木の部屋」IMG_7092-0
9:00〜12:00 13:30〜16:30
半日 3,000円 1日 5,000円
1歳〜(要予約)

斑尾高原スキー場の難点

逆にちょっと難点と思われるところは

  • インターチェンジからの距離
  • 立ち寄り温泉や日帰り温泉が休日は激混み&お湯が熱い(笑)
  • キッズパーク(雪遊びスペース)が有料

車で行く人はインターチェンジから結構距離があります。そして、四駆じゃないと厳しいかな?結構山を登ります。二駆で行ったこともありますが雪降ったりしたら厳しかっただろうなぁー。

周辺の温泉は要チェック

そして、ペンションなどを利用する人、日帰りの人は立ち寄り温泉もポイントですよね。しかしここ斑尾は、定番が「まだらおの湯」あとは「もみじの湯」ですが、どちらも毎度なかなかの混み具合で、洗い場で並ぶことも珍しくないです。そして、お湯が熱め(>_<)子どもや赤ちゃんにとっては結構これって厳しいんですよね〜。ただ・・・実は他にも日帰り温泉は周りにたくさんあるので、少し山を下れば選択肢も広がります。
豊田飯山インターチェンジからも近い「飯山 不動の湯」とか「みゆき野癒」は気になってるので、今シーズン行ってみようかなぁ。
2016.02.22更新 不動の湯はどうやら閉店してしまったようです。また、みゆき野癒は先日行ってきましたが、温泉ではない模様。ただ、とってもキレイで露天風呂も広くてなかなか良かったです!

有料キッズパークの利用は子ども本人や天候と相談を。

子供にも雪遊びはさせてあげたいなぁ〜と思いつつも、実際3、4歳くらいまでの子どもに長時間の雪遊びはかなり難しいような気がします。

なので、大人も子どももせっかくお金払って、さぁ遊ぼう!と思ったら、雪が降ってきちゃって〜とか、子供がすぐにあきちゃって〜とかで、寒くなってきちゃって5分で終了!そりは数回乗っただけ・・・みたいなことが普通。

15分遊んで寒くなったからレストランで休憩して、また気が向いたら外で15分遊んで、室内とお外を行ったり来たりしてたらあっという間に時間が経ってランチタイム・・・・みたいな、そんな感じ。

有料のキッズパークやそりのコースなどを楽しめるようになるのは兄弟がいる人や4、5歳くらい?いや、小学生からなのかも。小学生でのスキーデビューとかだったら、安全で安心ですね。でも小学生になったら、ゲレンデでいっきに練習かな?
斑尾のキッズパーク料金は良心的かも。安全も確保される、動く歩道を使える、と考えると安いのかなぁ。ちなみに一緒に入る大人も料金がかかります。

また一日券という感じなので、出入りは自由ですが、一人一枚なので、パパとママで交代で滑ってどちらかがキッズパーク、という場合は基本的にはパパもママもどちらもチケットが必要になります。
日替わりで交代なら問題ないですけどね、うん、二人とも滑りたいときは苦しいですね。

キッズパーク料金:1日500円(1人あたり)  ※リフト券購入者は、1日300円
◎レンタル料金: そり1日/800円(大小あり)
◎パック料金
  チュービング体験(3回分/600円)  大人そり1時間体験(入場料込/500円)

斑尾高原スキー場のサイトはこちら

「パインビークスキー場(菅平高原)」久々のスキースノボ復帰のパパママやスキーデビューの子にちょうど良い

バーンがしまってて、圧雪も綺麗にされている印象のパインビーク。スキーヤーが多めな気がしますが、スノーボードも気持ちよく滑れるコースがたくさんあります。非圧雪やツリーランはあまりないけれど、圧雪がきれいなので、久しぶりのスノボ・スキーをするパパママやスキーデビューの子供にはぴったりだと思います〜。

パインビークが子連れにとっておすすめな理由

  • ゲレンデ内に靴を脱いで休めるレストランがある!
  • ゲレンデ内にキッズエリア
  • 託児の料金システムが柔軟!1時間1000円
  • 首都圏からは約3時間でアクセスもgood!

託児

料金がシステムがとっても柔軟なので、ちょっとだけ滑れれば満足〜というパパママにもおすすめ。
半日ゲレンデで遊んだら終わりにして帰りたい時など、1時間だけ預けてたっぷり滑って、1時間は子供と遊ぶ!とか柔軟なのは助かるんですよねー。そして、こちらも1歳から託児可能。土日なら予約なしでもOKというのはこれまたありがたいです!

料金  1,000円/1時間    1歳以上    9:00~16:00
スマイルパーク・第6スマイルペアリフトの近くにあり便利です
平日は完全予約制・土日祝日は予約なしで利用可能です
飲食物のお預かりはしておりません
連続お預り時間は3時間までとなります(一度お迎えに来て頂いてから延長可能です)
最終受付は15:00となっております

無料休憩所とゲレンデレストラン

パインビークも無料休憩所があります。でも、下に書く湯の丸と同じくあまり子どもが休める雰囲気はなく、ポール(アルペンスキーなど)を張っている人たちや、選手や学生さんたちの荷物置き場にいつもなっているイメージが強いです。

ただ、ないよりはいいかも。ちなみに、無料休憩所より、ゲレンデに何箇所かある靴を脱いでくつろげる食堂がおすすめ。
「やまゆり」は子連れも多いので、いつも時間をずらして利用していますが、お店の人たちもあたたかいし、お店もゲレンデ横にあり、駐車場からも歩けなくはない場所にあるので便利です。

パインビークスキー場の難点

  • スマイルパーク(キッズエリア)が有料。
  • 子供用の休憩スペースも有料(?)。
  • 15時くらい、夕方に近づくにつれて結構気温が下がって寒い。(斜面が北向き?)

子ども用スペースは基本有料だけど充実

子どもが遊べるスマイルパークは有料。
そして、離乳食などをあげたりできる場所でもあり、寝ちゃった子どもを休ませたり、雪遊びに飽きた子どもを気分転換に遊ばせてあげられる場所があるにはあるのです!がしかし・・・基本全て有料。
そして、スマイルパークは2歳以上。スマイルパークにある子ども用の屋内スペースに離乳食温めるレンジがあるのに・・・利用は2歳以上!?なーんか変です、謎です。(パインピークの人見ていたら教えてくださ〜い!)
でも外には動く歩道も完備で、遊ぶにはもってこいです。4歳以上はスマイルパーク横にある緩やかなゲレンデのリフト乗り放題もついたチケットもあり、本人が雪遊びしたい!という年齢の子や、スキーデビューしたての子、リフト初めて乗る!という子にとってはちょうどいいかもしれません。

スマイルパークを利用しようと決めている際はスマイル駐車場に停めるのがおすすめです。他の駐車場だと、スマイルパークまで遠いので歩くのも厳しいので。

キッズパーク(スマイルパーク)
500円    2歳以上    スマイル1日券は1,500円(4歳以上)
豊富な遊具はもちろん、お子様の雪デビューに最適!近くには託児所もございます。
保護者同伴でご入場をお願いいたします
スマイル1日券は入場料込で第6スマイルペアリフトをご利用いただけます(1日乗り放題!)
シーズン券・P会員の方は入場無料となります。
電子レンジを設置しました。離乳食の温めにお使いください。
毎週水曜日定休(水曜日が祝日の場合、営業)
毎月、第2、第4土曜日は、「雪の大運動会」開催中(入場者は参加無料。玉入れ、ソリレースなど)

「湯の丸高原スキー場」ローカルスキー場だけど子連れにとってはいいことづくし!

はっきり言って華やかな印象はあまりない湯の丸スキー場。

はい・・・老舗って感じで、新しい何かがバンバンある感じではなく、どちらかというと渋めなスキー場かもしれません。でも!ここ、雪質はいいし(アイスバーンになっちゃうこともあるけど)、ゲレンデもまぁまぁひろいし、パウダースノーも味わえて、かつローカルだけど子連れにとっては見逃せないスキー場なのです。地元の人が子どもを連れて遊びに来る、そんなイメージのスキー場。ちなみに、天気がいいと景色も最高!

湯の丸が子連れにとっておすすめな理由

  • 託児が安い!予約なしでもOK
  • 靴を脱いで休めるゲレンデレストラン数箇所あり!無料休憩所あり。
  • 子どもがそりをできるキッズパークがのびのびフリー
  • 滑った後の入浴施設も多数

託児

何と言っても湯の丸高原の託児のいいところは託児料金が安くて、予約なしでもOKなところ。
ゲレンデ行ってみて天気次第で託児をどうするか決めようかなぁ〜とか、子どものご機嫌次第!って融通がきくとありがたいですよねー。

ちなみに、こちらの託児もお願いしたことがありますが、地域のベテラン保育士さん、おばちゃん、おばあちゃん、という雰囲気で、とっても慣れていて、安心感ありました。
建物は少し古めだけど、お部屋の中は清潔感あるし、おもちゃもいろいろあって、暖かいお部屋であたたかい雰囲気でした。

託児料金が安いのがありがたいですよね〜

営業時間AM9:30~12:00 PM1:00~3:30
(12/28~1/3と土日祝日のみ営業)
定  員:15名(1歳~6歳)
料  金:半日/2,500円 1日/5,000円
予  約:TEL:0268-64-0400(AM8:30~PM4:30)予約なしでも可能

キッズパークが広くて、フリー

これ、とってもポイント高いです!湯の丸のキッズパークは無料、かつ、広い!
特になにか変わったおもちゃがあるわけではないのですが、のびのびそりを楽しめます。そりをレンタルする場所も近いし、言うことなしです!

親子で、お昼ご飯後、託児に預けるまでの間ちょっとでも遊ぼう!とか、初めてのソリデビューでひとまずソリさせてみてあげたい(最初はやっぱり泣いたり、怖がったり、2、3回やればいいほうかも!?)、そんな時でも遊べる場所があるって子供にとっても嬉しいですねー。広いからソリデビューを動画に撮るにも、よかったですよ〜。

入浴できる場所が近くに多数!

下記は湯の丸スキー場のサイトより。たくさん遊んだあとは体を温めて休みたいですよねー。やっぱり周辺に温泉が多いって魅力的です。

湯の丸高原ホテル スキー場内
湯楽里館 スキー場から車で20分、東部湯の丸ICより5分
御牧乃湯 スキー場から車で25分、東部湯の丸ICより10分
ゆうふるtanaka スキー場から車で25分、東部湯の丸ICより10分

湯の丸高原スキー場の難点

湯の丸高原は・・・・

  • インターチェンジからゲレンデまでの道のりが長くてちょっとハード
  • 無料休憩所はあくまで無料休憩所で子どものための場所ではない。
  • コース制限があることが多い・・・気がする

道祖神様探しながらの山道で乗り切ろう

東部湯の丸インターを降りてからゲレンデまで、実は結構なくねくね山道。

車酔いする人にとっては辛い道のりになるかもしれません。

一応気を紛らわす方法として、道中左右にお地蔵さんが1番から100番くらいまで立っています。なので、それを見つけながら行くと楽しいかもしれないですね。雪で隠れてしまっていることもありますが、全部見つけられると結構嬉しいものです。

無料休憩所におもちゃなどはない

無料休憩所はあくまで無料休憩所。湯の丸高原に限って言うと、子どものためのスペースという雰囲気ではないので、オムツを替えたりするスペースはないと思います。

選手風の人たちや、どこかのチームのおじさんたちが寝ていることもしばしば・・・。なので、オムツ替えなどは車に戻って対処していました。まぁ仕方がないのですが、その辺はあまり子連れを前提にはされていないかなぁ。

湯の丸高原スキー場のサイトはこちら

まとめ

以上我が家のヘビロテゲレンデです。他にも新潟方面にもよく行くのでそちらのおすすめゲレンデはまた次の機会に。

雪山ってやっぱり楽しい〜そして、
自然の中にいるときの子どもってやっぱりいい笑顔してるんですよね〜

全然風邪をひかない丈夫な子にそだっているのも、インフルエンザが流行る時期にも無縁に過ごせているのも、自然の中の空気をたくさん吸っているからかなぁなんて勝手に思ってます。寒くて気管も鍛えられてる!?(笑)
もちろん私にとってもかなりストレス発散になってるし、やっっぱり好きだから、ちょっとでもうまくなれたらなぁなんて思いつつ滑ってると楽しいんですよねー。
結婚してスキーやスノボから離れてしまったパパさん、ママさん、そろそろ子どもと雪山行けないかなぁ〜?なんて考えている人〜、ぜひ子どもも一緒に気軽に雪山へ!

おまけ

ちなみに、だちこは元スキーインストラクターで以前は毎シーズン雪山にこもっていました。そしてもちろん子どものレッスンもしてました。

子どもにとっては「寒い」「痛い」はつらいもの。その二つを乗り越えられるくらい楽しめるよう、万全の準備でいきましょー。スキーウェアと手袋と帽子さえあれば、まずはスキー場デビューOK!
大人のスキーウェアは高いけど、子どものって意外と安く手に入りますよ〜