シェアしていただけると嬉しいです

《ランドセル選び》9社を比較して買いました!我が家は大峡製鞄に決定

シェアしていただけると嬉しいです

来年4月1年生になる長男ゆるちゃん。いよいよランドセルを選ぶ時期がやってきました!まさにラン活シーズン到来。我が家は9社を比較して大峡製鞄に決定しました。今回は9社の比較とランドセル決定に至るまでをブログに書きます。

1年中ランドセルは売ってるし、別に焦って予約したり買う必要もないのですが、「どうしよう・・・」と、そわそわしながら過ごすのが嫌だったので、我が家はサクッと!でも慎重に!選んで大峡製鞄のオオバランドセルに決定。なぜ大峡ランドセルを選んだのかもお伝えします。

スポンサードリンク

ランドセル選び比較検討したメーカー・ブランド

我が家が検討したブランドやメーカーは以下の通り。

  • 大峡製鞄
  • 池田屋
  • 中村屋
  • 神田屋
  • 土屋鞄
  • 山本工房
  • ニトリ

これらの6つを主に考えました。

そのほかデパートのランドセルカタログを取り寄せたり、ネットで有名な

  • フィットちゃんランドセル
  • 天使の羽

こちらももちろん検討!で、結果、大峡製を選びました。

なぜ?と聞かれれば。若干勢いと、勘!みたいなところが5割ですが、残り5割は、他といろいろと比較したり、実際背負わせたり物を見て決定しました。

我が家のランドセル選びの基準と考え方

まず、何を選ぶにしても、どんな基準で選ぶのか、優先順位はなんなのか、これ大事。

ただ闇雲に口コミを調べたりただただ探しても、それって底なし沼、蟻地獄状態です。

まず我々親としてランドセルに期待することとは!?を考えました。

ランドセルに寄せる期待

ランドセルを背負って毎日学校へ通うゆるちゃんを想像し・・・

  • 体に負担がないこと
  • 丈夫であること
  • 本人が学校へ行くのがわくわくできるような・・・長く愛用できること

そんなことを考えました。例えば、雨に降られて一生懸命濡れて帰ってきたときに、「よく頑張って帰ってきたね」といってタオルで本人を一番最初に拭いてあげたい、濡れたランドセルを見てがっかりしたくない、と思いました。ランドセル背負って走って、ガチャガチャしても丈夫に使えるものであってほしい。

そこからわかったランドセルに求めることとは!?

  1. 軽い
  2. 雨に強くて丈夫で手入れが簡単
  3. デザインが気にいる

以上!これを元にいろいろと取捨選択していきました。

素材選択

ランドセルに何を求めるかが決まると、必然的に素材が決まります。どのブランドやメーカーでも共通しているのは素材がほぼ3種類。

  • コードバン(馬)
  • 牛革
  • 人工皮革(クラリーノなど)

我々夫婦がランドセルに求めることを考えると、間違いなく我が家のゆるちゃんは人工皮革がベストチョイスとなります。

「あーでも、牛革のほうが高級そうだしな〜」とか、

「コードバンって、高いだけのことはあってやっぱり質感もいいし、品質いいんじゃないのかなぁ」なんて、心が少し揺れましたが、

いやいやちょっと待てよ!ランドセルに何を求めているんだっけ!?

という原点に立ち返りました。

どんな基準で選ぶのか、何を大切にしたいのかを想像しながら決めておくと、いざ迷ったときにも決められると思います。

各メーカー・ブランドたいして変わらないと思う点

基準は決めたものの、各ランドセルを比較していくと、たいして変わらないなーと思う点がいくつかありました。

  • 丈夫さ
  • 大きさ
  • 保証
  • 安全性

この3つは正直たいして変わらないか、比べようがないという点だと思います。だから3点はあまり比較しませんでした。

丈夫さはたいして変わらない?

例えば丈夫さ。

ある程度のランドセルなら昨今のランドセルは昔のように潰れたりすることもほとんどなくなっているようで、丈夫に作られているそうです。また、本人の扱い次第というところに起因する部分が大きいため、壊れたとかの口コミもあまり頼りにならないなぁと思うのです。

ランドセル工業会(後述)に入っている会社のものであれば、6年間の使用に耐えうる商品であることも確か。

工夫された芯が入っていた、設計など各社いろんな方法で丈夫さを実現させています。

大きさもほぼおなじ?

また、大きさもほとんどがA4フラットファイルが入るようになってきています。使用頻度も高いようなので、A4フラットファイルが入らないランドセルはいくらデザインがよくても、除外しました。

なので、重さも素材が一緒なら大抵一緒。

牛革だと多少違いますが、人工皮革はだいたい1100g前後です。

保証ってだいたい同じ?

保証もほとんど、6年間無料修理が昨今のスタンダードのようです。(あくまで故意でない場合というのがほとんど)

あと、ブランドによっては、パーツの交換は有料だったり、無料だったり違いはありますが基本的に修理してもらえないから買い換えなきゃいけない、ということはほぼなく、パーツに関してもそこまで高額ではないそうです。

こちらも、ランドセル工業会の認定証がついていれば、6年間修理対応を行なっています。

ただ、修理にかかる期間については各社様々。実際店舗で質問したところ、

  • 修理内容によるがほとんどが週末だけで修理してくれる(中2日くらい)
  • 1週間くらいかかるが修理期間中代わりのランドセルを貸してくれる(代車のような感じ)
  • パーツ交換などだけなら店舗ですぐに対応可能

などでした。でも、どこもアフターケアはしっかりしていて、万が一の時そこまで困ることはなさそうだと思いました。

安全性も一緒?

ランドセルの安全性というと、バックルベルト部分の金具や、サイドのフックが安全性に大きく関わる部分かと思いますが、こちらも各社工夫されています。

まずバックルベルトの尖った金属はほとんど丸みをおびて、体に当たらないようになっているし、サイドのフックは車道側になるサイドにはフックがないのが基本で(オプションでつけれるブランドもあります)、車や自転車に万が一引っかかっときなどのために一定以上の力がかかると外れる仕組みになっています。

カバンかけの部分も、金具が危ないからとナイロンループや革になっているメーカーもありますが、逆に持ち手が持ちやすいために人に後ろから引っ張られて危ない、という意見もあります。

反射板については、賛否両論です。最初からついている反射板は経年劣化で光らなくなるということがあったり、その点シール式の方が良いという意見もあったりするので、それぞれの価値観になるのかなと思います。

こちらもほとんど同じ仕様だと思います。

各社それぞれの考えに基づき安全に子供たちに使えるように!作られているので甲乙つけがたいです。

ランドセルメーカーを取捨選択

  • 大峡製鞄
  • 池田屋
  • 中村鞄
  • 神田屋
  • 土屋鞄
  • 鞄工房山本
  • ニトリ
  • フィットちゃんランドセル
  • 天使の羽

検討した以上の9つのメーカーをそれぞれ見て決めました。それぞれについて考えたポイントを書きます。

ただし、これは我が家の基準において取捨選択し、それを選ばなかった理由なので、それぞれのお子さんやおうちの考え方や基準でメリットにもデメリットにもなると思います。

その中で1点、ランドセル工業会であるかどうか気もにしました。ランドセル工業会に所属している会社だと、一定の基準を満たしたランドセルを販売しているということがわかります。

所属企業のランドセルしかつけられない認定証がついているランドセルなら保証も安心。また、所属するということはそれだけその企業のとってランドセルという商品を大切に考えているという意思表示でもあり、ある意味、一定以上の品質が保証されていることを意味していると思います。

万が一企業が潰れてしまっても認定証がついていれば保証がききます。

ランドセル工業会が定めるランドセル規格
  1. すべての縫製が日本国内で行われ6年間の使用に耐え得るもの。
  2. 日本鞄協会発行の「信頼のマーク」を縫着したもの。
  3. 素材は皮革又は人工皮革とする。
  4. 形状はかぶせ部が本体を覆う長さで縦型であるもの。
  5. サイズは大マチ部分の内寸の縦(最高部)が31cm前後、幅が23cm前後であること。
認定証の付いたランドセルの修理について

当認定証の付いたランドセルは6年間の修理対応を行っています。

池田屋ランドセル

池田屋は東海地方でとても人気のようです。静岡出身の友人曰く、クラスのほとんどの子のランドセルが池田屋!池田屋以外でランドセル買うって信じられん!というくらい、東海地方ではメジャーなランドセルメーカーとのこと。

ゆるパパが静岡に行った際に、店舗も、見にいきました。

東京にも店舗があるので修理などの相談も安心です!

私が思う池田屋の大きな特徴は、人工皮革が2種類、そしてランドセルをかける部分がナイロンループ、ロック部分が一つ穴という3点。

人工皮革がベルバイオという光沢がある牛革の質感に近いものと、マットな質感やつや消しのクラリーノの大きくは2種類あります。人工皮革に決めていた我が家としては魅力的でした。

また、首の後ろの部分の鞄をかける部分がナイロンループというのも他と違う点です。これ、扱いやすさや子供への安全性を考えるといいなぁと思う反面、毎日壁などにかけて使用すると考えると一番この部分が消耗するのではないかなと思いました。

もちろん、交換もしてもらえるのですができれば6年間修理なしでいきたい、と思ったのでこの部分がちょっと気になりました。

なお、池田屋の一番すごいところは、万が一壊しても壊されても、それが故意であったとしても無料で修理してくれるという点。ある意味とても手厚いサポートです!

また、カタログと一緒に送られてきたDVDも結構印象に残って、ゆるちゃん的には、「池田屋さん」っとすぐ覚えていました。

中村鞄のランドセル

中村鞄は土屋鞄に一番似ているんじゃないかと個人的には思っています。

似ているけれど、お値段が若干リーズナブル。

ただ、中村鞄は商戦がめちゃくちゃ早いのです!展示会が中止になることもあるくらい、早く売り切れます。だから、あまり他と比較できません。

また、中村鞄は背カンが動きます。(土屋鞄も動きます)

背カンが動く良さは、背負いやすいということ。

ただ、その反面背負っている最中ももちろん動くので、走ったりするとランドセルがよく揺れるということになります。

我が家が購入した大峡ランドセルは背カンが動きません。背負いにくい代わりに、背負った後の安定感があります。長距離の子なんかは背カンが動かない方がいいかもしれませんし、小柄な子などは動く方が良いかもしれません。

土屋鞄のランドセル

周囲で一番使用している人が多かったのが、土屋鞄でした。なので、ものすごく気になって、軽井沢の工房も見にいきました。

4月になってすぐの頃でしたが、まだ軽井沢の外は寒かったです。

2019年用のランドセルの製作がすでに始まっていました。黒のランドセルがいっぱい!

とっても綺麗な素敵な工房。一見の価値ありです。
それに、なかなか鞄を作っている現場を見る機会もないので、

子どもにも「こうやってランドセルは作られているんだなー」ということを感じてもらえると思います。

この日は職人さんがお休みの日だったので作業はしていませんでしたが、作業している日だとまさにその様子を見学できるようです。こんな風に丁寧に作られている様子がわかるのも、土屋鞄の魅力。社会科見学のようです。

こんなにみんなに見られていたら、手抜きはできなだろうし、悪いことなんて絶対できないなーと感じました。

デザインもシンプルだし、とっても魅力的な土屋鞄でしたが、クラリーノモデルのランドセルのデザインが、黒、紺、茶色は、内側と背中部分が水色、黄緑もしくは超シンプルな白。シンプルはシンプルでもいまいちピンとこなくてやめました。すごくいいんだけど、なんとなく違った、という直感です。

鞄工房山本のランドセル

男の子向けの人工皮革のデザインが1種類でした。牛革はいろんな色があるのですが、人工皮革は基本黒で、ステッチの色違いでレパートリーがあるのみでした。シンプルではあるものの、ちょっと求めているデザインと違ってて、女の子向けだといろいろとおしゃれなものも多いので魅力的でしたが、我が家ゆるちゃんは男の子!というわけで、こちらも却下となりました。

ニトリのランドセル

お買い得なランドセルで有名なニトリ。

「お値段以上!ニトリ♪」というわけで、気になって調べました。

確かに、他に比べるとリーズナブルなものも多く、人工皮革のランドセルがメインなので魅力的。

ただ、ニトリは日本ランドセル工業会に入っていません。保証はあるようでしたが、やめました。

フィットちゃんランドセル

フィットちゃんの特徴はなんといっても背中とランドセルがしっかり隙間なくフィットする!肩ベルトが立ち上がっている、左右非連動型の独立式背カンという点。

この構造によって肩への負担が減って軽くかんじますよーという仕組みです。

ただ、このしっかりフィットする!(背中)という利点ですが、一長一短かと思いました。

同じ重さを背負っているので、体のどこかで重さを支える必要があるのですが、重さが下方向へかかるということは、やはり両肩でほぼ重さを支えることになります。実際腰部分の凹凸は大峡と比べると違います。

この図と全く一緒の図で、しかし説明がちょっと違うのが、大峡ランドセル。

こちらは、あえて肩ベルトを立ち上がらせていないため、肩ベルトは自然な形になり、また、フィットちゃんランドセルでいう左側の写真のように、肩甲骨の上部分に隙間ができます。

隙間はできますが、オオバのランドセルの場合は肩にベルトをかけて背中と腰でも支えるため、支える箇所が多く、また肩ベルトの狭い面積ではなく、ランドセルの背中面の広い面で支えられるので力がその分下にかかる力が分散。そのため同じ重さでも軽く感じるはず。

同じ重さでも、点で支えるのか、面で支えるのか、の違いは大きいと思いました。

また、背カンが独立型なので、左右でそれぞれ動きます。そのため子供の動きは邪魔しませんが、言葉を変えると子供が動くとランドセルも動き、ランドセルの中の荷物も動くため振り回されやすいということになります。

そして他のブランドと比べると一つ一つ見比べると若干重い物が多く、人工皮革で一番軽いものは1100gで他社とあまり変わりませんが、丈夫な素材というわけではなさそうだったり、ちょっと気になります。

また、デザインはキラキラっとしたものは多め。というわけで、フィットちゃんランドセルは選びませんでした。

天使の羽 セイバンのランドセル

フィットちゃんランドセルと似ているようでいて似ていない天使の羽。デザインのシリーズが似たものが多いですし、持ち手ハンドルがついているのも、主にはこの天使の羽とフィットちゃんランドセル。ネットで検索するとどちらも広告をよく目にするため、有名ですが実は機能が結構違う!

フィットちゃんランドセルとは真逆の、背カンが左右連動型です。

なので、背負うときは独立型に比べると背負いづらいかもしれませんが、背負った後の安定感がよく、体にフィットした形を保ってくれます。この違いは大きいです。

天使の羽はpumaやコンバースなどとのコラボ商品が多く、そのためかクラリーノでもちょっとお値段はります。

また、デザインが比較的キラキラ系というか、刺繍があったり、反射板がデザインされていたり、「ザ!6歳の男の子」にうけそうなデザインではあります。

そのデザインが私としてはイマイチぴんとこなくて、、、、また、

TVCMをよく見るのですが、CMってめちゃくちゃお金かかるんですよね。

それも、仮面ライダーやプリキュアなどランドセルのCMを出すにはベストな時間帯にバンバンCM出していて、なんとなくそういうところにコストを多くかかっているというのもひっかかって、購入には至りませんでした。

肩ベルトの柔軟性など、その他機能はとても魅力的だと思います。それぞれの好みと価値観かもしれませんが、個人的にはフィットちゃんよりセイバンの方がトータルで考えると機能が優れている気がします。

大峡製鞄の展示発注会へ

5月に行われた大峡製鞄の展示発注会へ行き、注文してました。

展示会の写真は撮影NGということで、撮影できませんでしたので様子だけ記載します。

展示会に行ってすごかったと感じた点として、

  • 会場となったビルの入り口から会場の部屋までの丁寧な誘導とスタッフの多さ
  • 会場内での店員さんの対応
  • スムーズさ
  • 比較検討のしやすさ

です。

駅から徒歩2分くらいのところだったのですが、ビルの前、自動ドアを入ったところ、エレベーター前など、各所に誘導の方がいて、予約していた旨を伝えるとまるでVIP待遇かのように案内してくれます。正直、こんなに人必要?って思うくらい、各所にスタッフさんが配置されていて、それだけ企業がこの展示会にかけているパワーを感じました。

また、会場内ではさりげなく店員さんがついてくれます。

けれど、基本的にはみんな親子で話して、背負ってみたり、並べてみたり、開けたりしめたりして選んでいるので、セールスされることは一切なかったのですが、話しかけるといろんな疑問に丁寧に答えてくれるというスタイルです。

その言葉一言ひとことから、商品への自信が溢れているのを感じました。そして、試しては机に戻して・・・を繰り返すのですが、その商品を丁寧に磨いたり、配置を整えたり、スタッフの人たちの商品の扱いの丁寧さもとても好感が持てました。

並び順もわかりやすく、また、

「クラリーノで茶色だとどれがありますか?」とか、

「価格これくらいだとどのあたりがおすすめですか?」とか、

「このなかでもしご自身のお子さんに買うとしたらどれ買いますか?」とかの率直な質問にもざっくばらんに答えてくださり、ものすごく参考になりました。

やっぱり、売っている人が自信を持ってその商品を売っているのか、丁寧に愛をこめて扱っているのか、すごく重要だと思うんです。それが伝わってくる展示会でした。

A4フラットファイルが入るけど軽くてコンパクトなトラピーズ

また、A4フラットファイルが入るランドセルは昨今ではもう当たり前になってきていると思うのですが(と書きながらも、デパートのカタログをみたら、まだまだA4フラットファイルが入らないランドセルが多くあったので要注意です!入れられる場合は”A4フラット対応”と書いてあるのに、入らないと何も書いていなかったりします。なので、大きさはしっかりチャックを!)、大峡ランドセルは他のランドセルとちょっと違っています。

他のメーカーは、鞄全部にA4フラットファイルが入る構造ですが、(蓋を開けて上から見ると長方形)、大峡は背中側の面だけにA4フラットファイルが入るようになっており、蓋を開けて上から見ると台形になっています。

なので、外から見るとちょっとコンパクトで、その分少し軽いのです。

A4フラットが入る良さと、以前までのコンパクトなランドセルの良さをいいとこ取りした感じ。ランドセル、ただ大きゃいいってもんでもないと思います。

そして、扱う教科書全部がA4フラットファイルってわけでもないですし、台形担っていることで中身が多少背中我がに固定されるという利点もあり、これはすごいな!と思いました。

大峡製鞄のランドセルの難点

大峡製鞄のランドセル、購入して後悔はしていません。

ゆるちゃんもお気に入りのランドセルが見つかり、選べたので背負うのが楽しみだし、きっと楽しんで学校へ行ってくれることでしょう!

私も、あとは届くのがただひたすら楽しみです。

ただ、大峡製鞄のランドセルの難点をあげるとしたら・・・WEBサイトだと思います。

他のランドセルメーカーに比べ、とにかく地味で、わかりづらくw、そして比較もしづらい。おそらくWEBサイトだけを見比べたら一番劣ります。

他のブランドだと、特徴として書かれているウリが、大峡のランドセルにも共通して言えることなのに書かれていなかったりもします。

展示会に行って感じましたが、WEBからでは魅力が全然伝わってきません(笑)カタログもとってもシンプルなので、デザインを選ぶにはいいのですが、丈夫さや構造、その他もろもろについてもとっても控えめにかかれていてイマイチわかりづらいのです。DVDや、子供向けの説明資料まである他社とは比べ物になりません。

だからこそ!もしも大峡製鞄のランドセルが気になっている方は、店舗や展示会に行くことをお勧めします。カタログ取り寄せて、うーん大したことないな、って思った方はぜひ一度現物を見てみてくださいね。

控えめゆえの魅力

WEBもカタログも控えめな大峡ですが、控えめゆえの魅力として、「修理について」の書き方がどこのメーカーよりも一番控えめでした。

カタログだと、背表紙のしかも一番下に小さな文字で書かれていました。

WEBでも小さな文字でたったの3行。

熟練の職人によって仕上げられた製品には絶対の自信を持っていますが、万一に備えて万全の保証・修理体制を整えています。ご使用中に破損した場合は6年間いつでも修理させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

これだけ。

知る者は言わず言う者は知らず、この少ない言葉から絶対の自信と安心感が伝わってきました。

まぁ、実際もし壊れた時に修理がいくらするのかなど、どこにも書いていませんし、検索しても今のところ見つからないのでわかりませんが、(展示会で聞けばよかったーーーー涙)おそらく、修理に出すことなんてほとんど必要ないくらい丈夫に作られており、万が一の時はきちんと修理してくれるのではないかと思いました。

ランドセル選び だちこ的まとめ

結果的に、一番WEBもカタログも地味で、ランドセルを探すまでは聞いたこともない、全く知らない工房系の大峡製鞄のランドセルに決定したゆるちゃん。

ちなみに色も、行くまでは「黒か紺にする」と行っていましたが、会場で茶色のランドセルをみて「うぉーーーーーかっこいい!」と、一気に心は茶色へ。

最終的には、黒の柄入り 3D

ハーモニック チョコ×キャメル

キャメル色(牛革)

で迷っていました。

原点に立ち返って、軽いクラリーノという意ことで、ハーモニックと3Dの二者択一!

実はマリンブルー×赤にも惹かれたようですが、「かーちゃんどっちがいいかな?」のひところで、「茶色か黒がいいんじゃない?」と、すかさず私の好みを選択の中へ忍び込ませてみました。

おそらくWEBやカタログだけで選んでいたら絶対に大峡は選びませんでした。

そして、今回最後まで悩んだ3Dとハーモニックも現品をみたからこそ、かっこいい!素敵!とかんじたランドセルでした。

  • 実物を見るのが一番!
  • 手にとって触って見るのが大事!

だと思います。

そして、そのものに関わる職人さんや売り場の人の商品に対する扱いなどからもそのものの良さって伝わってくるような気がしました。

何はともあれ、本人が気に入ればどんなものであっても、6年間を支えてくれる大切なアイテムになると思います。

みなさま良いものが見つかりますように!

これからランドセルを探すパパさんママさん新一年生の少しでも参考になりますように。