シェアしていただけると嬉しいです

生後9ヶ月で乳腺炎!?授乳も痛い!発熱と悪寒とおっぱいトラブル発生

シェアしていただけると嬉しいです

完全に油断していました。夏は注意し無いといけ無い季節なのを知っていながら、またもや先日乳腺炎になりました。今回は、おっぱいがカチカチに固いわけでもなく、最初明らかなしこりがある訳でも無いのに、高熱が出て、乳腺炎になりました。

幸い、もう乳腺炎には慣れてますので(って、なら無いように予防すべきなのですが、いくら予防していても…いえ、完全に油断しておりました。反省。)一晩高熱を出し、翌日は微熱、おっぱいの痛みもどうにかとれて、無事最悪の事態を脱しました。

スポンサードリンク

夜中の悪寒で乳腺炎に気づいた

最近、蒸し暑さで正直疲れていました。日々、汗もかいて授乳もして、おそらく体は水分不足になってきていたのかもしれません。

そんな夜、ものすごい悪寒で寒くて寒くて仕方ないほどに。

関節があちこち痛い。おそらくこれは高熱だろうな。。。。夏風邪かな?やばいな・・・明日どうしよう、あれこれ頭のながに巡りました。

横に寝る夫も、子どもたちもみんな暑そうにしていて、クーラーに扇風機もつけているのに私は寒くて布団にくるまり、ガタガタ震えていたのです。

でも震えながらふと気付きました。

この体の痛み、発熱、震えは、

乳腺炎だ!!!!っと。

風邪じゃない!!!

そうとわかったら、重たい体をどうにかひきずって、すぐに乳腺炎対策実行!

今回はハーブティ、葛根湯、ロキソニンテープの3つで速攻対処しました。翌朝には思い切り次男のまるちゃんに飲んでもらいました。

乳腺炎解消してくれるハーブティ

夜中、重たい体でキッチンへ。

乳腺炎といったら、このハーブティ!AMOMAのミルクスルーブレンドです。もう、ハーブティ様様です!!!

写真は以前の写真ですが、こんな感じでティーパックを幾つか入れて今回は濃厚なハーブティに!

お湯を沸かしハーブティを入れ、ハフハフしながらちょっと飲み、そのあと氷をいれてぬるいハーブティをがぶ飲み。

そうこうしているうちに、気持ちも落ち着いてきます。
葛根湯で乳腺炎の痛みを和らげ血行促進

葛根湯は発熱前の寒気のときに力を発揮します。

「葛根湯」は、かぜのひきはじめ、肩こり、鼻かぜ、頭痛、筋肉痛、手や肩の痛みに効果があります。
クラシエ http://www.kracie.co.jp/ph/k-kampo/teach/detail_1.html

まさに、乳腺炎の初期症状。

ハーブティをたっぷりゆっくり飲んだあとは、常備薬の葛根湯を飲んで、布団かぶってあとは寝るだけ!

背中に湿布で凝りを解消

背中が凝って、血行が悪いと、胸周辺のリンパや血行も悪くなり胸も固くなりがち。

ゾクゾクしている背中に、ロキソニンテープ貼ってあとは寝るだけ。

本当は、糾励根(きゅうれいこん)がよかったんだけど、もう体力限界。夜中2時、というわけで、手っ取り早いロキソニンテープをどうにか自分で貼って完了。

しこりがなくてもおっぱい固くなくても乳腺炎

一般的な乳腺炎の症状がなくても、乳腺炎は乳腺炎なんだ!と今回実感しました。

ここまで紹介してきた3つの方法で対処しつつ、翌日すぐに母乳マッサージへ行ったのですが、

「乳腺炎起こしていたのね!」と助産師さんにはっきり言われました。

固くなっているのは本当に一部分で、小さなそんなに気になら無いくらいの柔らかさのしこりくらいでした。もで、放っておいたらきっともっとひどくなっていました。

  • 固いしこりはなくても
  • おっぱいがカチカチではなくても
  • 赤くなっていなくても
  • 赤ちゃんがちゃんと飲んでくれていたとしても

おっぱいに痛みがあったり、寒気があったり、脇の下に痛みが出始めたら、我慢せずにしっかり対処することが大切。

乳腺炎の症状

一般的な乳腺炎の症状は以下のとおり。

「乳房に発赤、腫脹(はれ)、発熱、疼痛(痛み)があり、授乳機能に支障をきたすこと」https://allabout.co.jpより

おっぱいがパンパンに腫れたり、カチカチになったり、赤ちゃんが飲みたがらないくらいの乳腺炎だと、わかりやすく「乳腺炎」ですが、そんな症状全てが揃わなくても一気に悪化することもあるので、授乳中は油断せずに体を労わり続けないといけないですね。

スポンサードリンク

シェアしていただけると嬉しいです

フォローしていただけると嬉しいです