シェアしていただけると嬉しいです

エルゴの防寒ケープは必要アイテムでした!代用品とベビーホッパーを比較

シェアしていただけると嬉しいです

秋、冬、春、と寒い時期のエルゴなど抱っこ紐でお出かけ時に活躍する防寒ケープ。以前は代用品を使っていました。

一人目の時には持っていなかったエルゴの防寒ケープ「ベビーホッパー」。次男の出産後しばらくして友人から、出産祝いとしていただきました。

それがもぅ、とっても快適!

今回は代用品との違いや、メリットデメリット防寒ケープを使ってみた感想を書きます。防寒ケープって必要?と思っている人や買うか迷っている人の参考にしていただけるような口コミを書きたいと思います。

↓ ↓ ↓ 身近なアイテムで代用するならコチラの方法がおすすめ!↓ ↓ ↓

ユニクロや無印などのダウンベストが代用しやすいです。

スポンサードリンク

エルゴのベビーホッパーを使ってみて感じ代用品との違い

我が家がいただいたベビーホッパーは、一番人気の「ウインター・マルチプルカバー」。今回は私の夫、ゆるパパが装着している姿です。男性でもつかいやすいネイビーカラー!

今では毎朝毎夕送り迎えの必需品となっています。

一方、以前使用していた代用品。

写真は代用品としてユニクロのライトダウンのベストを使用している写真です。

エルゴのベビーホッパーと防寒ケープ代用品との違いは

  • エルゴのベビーホッパーは足元がスッポリ覆い隠せる
  • エルゴのベビーホッパーは内側が暖かいボア生地
  • 抱っこ紐の幅にあっているので、フードもかぶせやすい。
  • 脇から風が入り込まない
  • リバーシブル

大きくこの5点。今回はこの5点について書きたいと思います。l

エルゴベビーホッパーは赤ちゃんの足先も暖かい

代用品のダウンベストとは違って、エルゴベビー ホッパーは足元がすっぽり覆いかぶさるようになっています。そのため、子どもの足を包み込んで寒さから守り温めることができます。

代用していたダウンジャケットだとやっぱり防風はできても、温めることは難しいかもしれません。

この通り、抱っこしている子供の足をすっぽり覆い隠せます。

エルゴベビーホッパーのボア生地の肌触りが気持ちいい

使い始めてまず感じたのがこれでした!

ボア生地がものすごく肌触りいいのです。

使い始めて2シーズン目、何度かお洗濯しましたが肌触りもそのまま。へたりません!

質の良さを感じます。

エルゴのベビーホッパーのフードは意外と便利

外出先で雨に降られてしまってちょっとした雨の時、雪の時、さっと被せやすい形のフードです。

顔がちょうど出るくらい、首元に吹き込む風は防げるくらいのちょうどいい深さです。

脇の隙間から風が入り込まない

抱っこ紐の脇の部分にも装着し、覆いかぶせるような形態なので、脇から風が入り込みません。

先ほども出した写真ですが、

しっかり覆いかぶせてくれるので、隙間がなく、抱っこしている側も暖かいです。

ジャケットなど上着を着ればこの通り。

わかりやすくするため、ゆるパパがスーツで保育園に送って行く時の写真ですが、コートなどであれば前側をこのような両側を止められるマルチクリップ(マルチクリップはハンカチを手軽にスタイにできるので持っている人も多いはず!?)

で軽くコートを止めれば、より一層防風防寒できて暖かいです。

リバーシブル

我が家ではほとんど、ボア生地側を内側にして使っていますが、リバーシブルとしても使用できます。裏側のこのボア、とっても肌触りがいいので、ついつい内側にしたくなります。

気分や好みに合わせて使用できますね。リバーシブルって、なんとなくお得な感じがしますよねぇ。


http://www.dadway-onlineshop.com

エルゴ防寒ケープ ベビーホッパーを使ってみた感

実際に代用品を卒業してちゃんとした防寒ケープを使用してみて感じたメリットとデメリットを書きたいと思います。

ベビーホッパーのメリット

  • とにかく暖かい!
  • 暴風対策万全になる
  • リバーシブル
  • ベビーカーのマフにも使える

やはり抱っこ紐用に作られているだけあって、ちゃんとしています(笑)当たり前か・・・。

暖かさ、使いやすさ、肌触り、全部ひっくるめて素晴らしい!と思います。

また、ここまで抱っこでの使用についてばかり買いてきましたが、ベビーカーマフとしても使用できます!

我が家はエアバギーに装着していますが、写真同様、すっぽり足を包み込んで使用できます。

正直、なんでもっと早く買わなかったんだ・・・一人目の時から持っていたら・・・と後悔するくらい、今では冬のお出かけの必須アイテムです!

デメリット

ベビーホッパーの使い心地の良さに、べた褒め状態ではありますが、正直に感じるデメリットも挙げておきます。

  • ちょっと重い気がする
  • 自分で買うとなるとお値段が気になる

ベビーホッパーの重さ

ベビーホッパーは軽いとはいえ、やはり代用品として使っていたウルトラライトダウンのベストに比べると、少し重いと思うのが正直なところです。

ユニクロウルトラライトダウンのベストタイプは79グラム(http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2013/09/092514_uld.html)ですが、かたや、私が使用しているベビーホッパーの「ウインター・マルチプルカバー」は440グラム。やはり、ウルトラライトダウンに比べるとちょっと重いですね。その差360グラムなので、およそ缶ビール1本分くらいの重さの違い。

ダウン素材でより一層暖かそうなウインター・マルチプルダウンカバーはプラス100グラム。540グラムなので、もうちょっと重くなります。

暖かさとvs重さ、どっちをとるかなのですが、ベビーホッパーを使い慣れてしまった今、そこまで「重い」とは感じません。比べれば、ダウンベストの方が軽かったなというくらいです。

多少の重さと引き換えに暖かさとデザイン性を得られます。

エルゴの防寒ケープ ベビーホッパーを安く買うには?

正直、一人目出産後にベビーホッパー をデパートで見た時、

「エルゴだってまぁまぁいいお値段するのに、ケープも結構いいお値段だなぁ・・・付属品まで買えないわ」

と思っていました。なので、二人目の出産祝いで友人からもらえてかなりどこで買うのが良いのか?という話にもなりますが、安く買いたいならダッドウェイオンラインショップがおすすめです。

シーズン末などよくダッドウェイオンラインショップはセールをしています。このセールはかなり狙い目です。ちょうどこの記事を書いている今日も、私がもしベビーホッパー を持っていなかったら即ぽちってしますような値段で売られていました!(2017年1月28日)

ダッドウェイがセール中か確認する。

ただ、毎年人気の色などは残っていないこともあるようです。今日サイトを見ても、ネイビーのマルチプルダウンカバーは売り切れでした。好みの色が欲しい人は早めに入手するのがオススメ。

抱っこや、ベビーカーとともに長ければ通常で4歳くらいまでは使用

短くても3年です。

安物買いの銭失いにならないよう、お気に入りのいいものを長く愛用できるといいですよね。

また、5%のポイント還元(8のつく日はポイント2倍なのでなんと10%のポイント還元)!そのへんのクレジットカードよりもかなりいい還元率です。子どものアイテムは月齢が進むごとに何かと必要なので、ポイントでまた買えるのもいいですね。ダッドウェイでクレジットカードでお買い物したら・・・なんかあちこちポイントたまってお得。

ベビーホッパーをエルゴ正規ダッドウェイオンラインショップで見てみる

なお、エルゴは人気商品でもあるので、偽物も多く出回っています。楽天で購入する場合は、正規取扱店舗かどうかをエルゴベビーの公式サイトに掲載されている正規取扱店舗一覧から検索することをお勧めします。(結構面倒ですが・・・)

ダッドウェイはエルゴベビーの正規輸入代理店なので、絶対本物!安心です。偽物は買うのもダメですからね。

株式会社ダッドウェイではErgobabyエルゴベビー・ベビーキャリア(抱っこひも)など、Ergobaby社製品を、2008年秋より正規総代理店として日本国内での販売をしてまいりました。

エルゴ防寒ケープの付け方

防寒用のマルチプルカバーのベビーキャリアへの取り付け方です。 エルゴベビーにぴったり装着。冬のお出かけがもっと快適に。

装着の仕方はErgobabyJapan公式のyou tube画像がとてもわかりやすいです。

エルゴのマルチプルカバーかマルチプルダウンカバーどっちがいいのか?

私のオススメはウインター・マルチプルカバーです。

理由はウインター・マルチプルカバーでも十分暖かくて、マルチダウンカバーに比べて100グラム分の軽さがあるので、あえて価格が高く、重さが重いマルチダウンカバーを選ぶ理由がないのです。

ただ、北海道や東北などの寒冷地に住む方や、よほどの寒がりさんにウインター・マルチプルダウンカバーは変え難い暖かさがあると思います。

我が家の場合だと、東京都内在住で5度くらいまでの日は、子供は下着、長袖、トレーナーという家の中で過ごす服装のまま、マルチプルカバーして抱っこでお買い物に行きます。(上着いらず!なのでとても楽ちん。)

お出かけで外を歩くことが多い日や雨や雪の日、寒い日は、ジャンパーを着せてからマルチプルカバーをして抱っこですが、東京だとそんなに頻度が高くありません。ベビーカーの場合ももちろん上着を着せます。

地元のの長野に帰省した時で、氷点下の気温の中でも、ウインター・マルチプルカバーで十分暖かかったです。寒いスキー場でも、ハンドポケットに手を入れていると本当に暖かくて、防寒ケープの良さを改めて実感しました。

まとめ 防寒ケープは必要か不要か?

以上を踏まえて、まとめたいと思います。

エルゴに防寒ケープは、持っていたら手放せなくなる必需品です!

ただし、下記のような場合は代用品でも十分かもしれません。

  • 暖かい地域に住んでいて滅多に使わない人、
  • 旅行や春先など少し寒いところに行くときに防寒ケープを持って行くかどうか悩んじゃうような場合、
  • 車移動などで抱っこ紐率が低い人、
  • とにかく軽さにこだわりたい人
  • 断捨離ミニマリズム命な人
  • 節約したい人

日本に住んでいて(沖縄だと必要ないかも?)寒い時期もお出かけするなら、エルゴの防寒ケープは必要!

寒がりさんや、寒冷地に住む人はウインター・マルチプルダウンカバーを。どっちを買おうか迷った人、都心に住む人や、そこまで寒い地域でなければウインター・マルチプルカバーがあればよいのではないでしょうか。

ベビーホッパーをエルゴ正規ダッドウェイオンラインショップで見てみる


http://www.dadway-onlineshop.comより